しののめ人財バンク

しののめ人財バンク

「しののめ人財バンク」とは?

卒業生および旧教職員に対し、再就職や学び直しなど生涯を通じた活躍支援を行うとともに、卒業生および旧教職員の知的・人的資源を活かして、本学および地域社会の様々な活動に寄与することを目的として設置されたのが「しののめ人財バンク」です。

卒業生・旧教職員からのメッセージ

大田 美香さん(卒業生)

「管理栄養士になるため、松山東雲短期大学を選びました!」入試面接で答え、30年が経ちました。在学中から社会に出ても、先生や職員の方々から声をかけて頂いたり、情報を頂くことで今の人生がとても充実していることに感謝しております。現在は非常勤講師で、後輩に伝える嬉しい機会に熱い想いで関わらせてもらっています。しののめ人財バンクでは、皆さまと繋がり、活動の幅をご一緒に広げてお役に立つことが出来ますよう楽しみにしております!

佐藤 順子さん(卒業生)

短期大学卒業後20年以上が経ちましたが、社会人としてキャリアを深めるための資格取得にあたり、時折電話や訪問しての相談など、先生方には大変お世話になりました。現在社会保険労務士として、入社から退職までに必要となる手続き、職場トラブルに対する相談、年金の相談などの業務を行っています。社会に出て働く期間は約40年、人生の半分にあたります。将来社会で活躍し、いきいきと前向きに働き、充実した人生を送ることができるよう、卒業生として、未来を描く助けになれたら嬉しいです。

杉本 詠二さん(旧教職員)

「私も人財バンクに登録しました!!」

松山東雲短期大学で介護福祉士養成に関わらせて頂きました13年は、私の人生の大切な宝物。大好きだった東雲を退職いたしましたが、今後は、非常勤講師、並びにしののめプラス(社会人講座)を担当し地域の皆様の資格取得や趣味活動のお手伝い、応援をさせていただきたいと考えております。

富田由香さん(卒業生)

短期大学を卒業してから20年以上が経ちました。卒業してからなかなか母校を訪れることもなかったのですが、現在の仕事を通じて在校生の研修のお話をいただき4年位前から学生さんたちのお手伝いをさせていただいていました。

そのようなご縁の中で、先生方にもわたしのお仕事のご協力をいただく機会もあり、いつまでも頼れるところがあるのは本当に心強いと思いました。

私自身も社会人として、卒業生としてご縁を大切にし未来に向けたお手伝いができれば嬉しいです。

しののめ人財バンクのご登録・ご利用について

対象者

松山東雲女子大学・松山東雲短期大学の卒業生および旧教職員とします。

登録方法

「しののめ人財バンク」の趣旨にご賛同くださった方は、本学所定の「しののめ人財バンク登録票」に必要事項をご記入のうえ、キャリア支援課に提出してください。「しののめ人財バンク登録票」はキャリア支援課にてお渡しします。

必要な情報を提供します

しののめ人財バンク登録用QRコード※なお、大学からの情報提供を望まれる場合は、 jinzai1@jinzai.shinonome.ac.jp に空メールを送信してください。
PC・携帯電話どちらからでもかまいません。QRコードからも登録できます。

講座の講師をお願いすることがあります

キャリア支援ガイダンス、キャリアプログラム、各種講座の講師を依頼します。

料金は無料です

「しののめ人財バンク」の利用に伴う料金は無料です。