学修成果評価の方針(アセスメントポリシー)

学修成果評価の方針(アセスメントポリシー)

学修成果評価の方針(アセスメントポリシー)

松山東雲女子大学・松山東雲短期大学(以下、本学という)では、教育課程が有効に機能して教育目標が達成されているかを検証・評価するための方針として、アセスメントポリシー(学修成果評価の方針)を定めています。

本学は、検証評価に用いる客観的な指標・エビデンスを定め、3つのレベルを評価単位として、入学時、在学時、および卒業時における3ポリシーに沿って成果を検証し、教育の質保証と改善向上を行います。

1.レベル構成

本学が定める学修成果評価のレベル構成は次の通りです。

A 大学全体(機関)レベル

大学全体の教育目標の達成状況を検証し、その結果に基づいて、全学的な教育改革・改善、学生・学修支援の改善等を実施します。

B 教育課程(学科・専攻)レベル

学科・専攻レベルで教育目標の達成状況、学生の学修成果の到達度を検証し、その結果に基づいて、学科・専攻の教育課程、教育方法等の適正性を評価し、その改善を行います。

C 科目レベル

シラバスに提示された授業科目等の学修成果の達成状況を検証し、授業ごとの到達目標の設定、内容構成、教育方法等の適正性を評価し、その改善を行います。

2.具体的な評価指標

学生の学修成果の検証は、入学時(科目レベルについては科目開始時)、在学時(科目進行時)および卒業時(科目終了時)に、次に掲げる客観性のある指標・エビデンスを用いて行います。また、その検証結果に基づいて、教育の質保証と改善向上を行います。

入学時在学時卒業時
アドミッションポリシーに沿った受け入れがなされているかカリキュラムポリシーに沿って学修が進められているかディプロマポリシーに定めた教育目標に到達しているか
大学全体レベル入学試験結果
入学生の意識調査
退学・休学者数・率
学生の学修時間・学修行動調査アンケート
大学教育に関する学生調査
学位授与数
就職率・進学率
大学教育に関する学生調査
教育課程レベル入学試験結果
入学生の意識調査
面接・志願理由書等
GPA分布・成績分布
単位修得状況
ディプロマポリシー到達度評価シート
退学・休学者数・率
学生満足度調査
学生の学修時間・学修行動調査アンケート
学位授与数
就職率・進学率
進路決定状況
資格・免許取得状況
ディプロマポリシー到達度評価シート
卒業研究評価ルーブリック
科目レベル履修登録状況
プレイスメントテスト
学生による授業改善のためのアンケート単位認定状況
GPA分布・成績分布
学生による授業改善のためのアンケート