学修状況及び成果を示す指標(GPA制度)

学修状況及び成果を示す指標(GPA制度)

GPA制度、CAP制について

1.GPA制度について

本学では、GPA(履修科目の成績の平均値:Grade Point Average)を算出する制度を定めています。GPAは、履修計画の立案から成績評価を受けるまでの学修活動全体を評価する指標であり、各学期の「成績通知表」に記載します。成績評価に対するGP(各成績評価に与えられる数値(評価点):Grade Point)は、次のとおりです。

成績評価GP(評価点)100点満点での目安、又は評価基準
4100~90点
389~80点
279~70点
169~60点
不可059点以下
失格0「失格」と判定されたもの
合格定められた学修水準に到達している
不合格定められた学修水準に到達していない
認定「認定」と判定されたもの

GPAは、毎学期の成績通知表に記載されます。このGPA値を参照することにより、学修成果を客観的に確認し、学修意欲を高めるとともに計画的に履修を進めることができます。

(1)GPA対象科目

GPA対象科目は、本学学則に規定する卒業要件に係わる授業科目です。ただし、次の授業科目については、GPA対象科目から除きます。

  1. 「合格」又は「不合格」で成績評価される授業科目
  2. 「認定」で成績評価される授業科目

(2)GPAの種類と算出方法

GPAは「学期GPA」及び「累積GPA」の2種類とし、次の計算式で算出された数値の小数点第3位を四捨五入して、小数点以下2桁とします。

学期GPA(当該学期における学修の状況及び成果を示す指標)の計算式

「学期GPA」=(当該学期の評価点)÷(当該学期の総履修登録単位数)
※(当該学期の評価点)は、当該学期の「秀」の単位数×4+「優」の単位数×3+「良」の単位数×2+「可」の単位数×1 とし、(当該学期の総履修登録単位数)には、不可、失格になった単位数を含みます。

累積GPA(在学中全期間の学修の状況及び成果を示す指標)の計算式

「累積GPA」=(全期間の評価点)÷(全期間の総履修登録単位数)
※(全期間の評価点)は、全期間の「秀」の単位数×4+「優」の単位数×3+「良」の単位数×2+「可」の単位数×1 とし、(全期間の総履修登録単位数)には、不可、失格になった単位数を含みます。

2.CAP制について

本学では、1年間に履修登録できる単位数の上限を設けています(CAP制)。これは、適切な授業科目数を履修することで、十分な学修時間を確保し、学修内容を深く身に付けることを目的としています。なお、集中講義、学外実習指導、学外実習及び他の大学又は短期大学における授業科目は、履修上限に含みません。また、累積GPA値が一定の基準値以上であれば、履修上限単位数を超えて履修登録することができます。

女子大学

1年間に履修登録できる単位数の上限は49単位です。
ただし、前年度3月31日時点の累積GPA値が一定の基準値以上であれば、履修上限単位数を超えて授業科目を履修登録することができます。

短期大学

1年間に履修登録できる単位数の上限は50単位です。
ただし、1年生の9月30日時点のGPA値が2.5以上であれば、履修上限単位数を超えて55単位まで履修登録することができます。