高等教育の修学支援新制度(高等教育の無償化)について

松山東雲女子大学・松山東雲短期大学は、「大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)」による修学支援の対象機関として認定されました。

※無償化を受けるには世帯の所得などに制限があります。

本学における認定年度

2020年度、2021年度、2022年度(申請予定)

高等教育の修学支援新制度 とは

「高等教育の修学支援新制度」とは、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、2020年4月から文部科学省が実施している制度です。授業料等の免除と給付型奨学金により、皆様の「学び」を支えます。

制度の概要

受験生の皆様へ

2023年度 入学者選抜における対象者への対応について

 本制度を利用される受験生は、以下の要領で手続きをしてください。
 「高等教育の修学支援新制度」に採用、もしくは申請した方は、該当する入試区分に限り、必要な手続きをすることで授業料の納入を入学後まで猶予することができます。

対象者

 ※準備中です。

手続方法・申請書類

 ※準備中です。