高等教育の修学支援新制度(高等教育の無償化)について

松山東雲女子大学・松山東雲短期大学は、「大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)」による修学支援の対象機関として認定されました。

※無償化を受けるには世帯の所得などに制限があります。

本学における認定年度

2020年度、2021年度

高等教育の修学支援新制度 とは

「高等教育の修学支援新制度」とは、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、2020年4月から文部科学省が実施している制度です。授業料等の免除と給付型奨学金により、皆様の「学び」を支えます。

制度の概要

受験生の皆様へ

2022年度入学者選抜における対象者への対応について

本制度を利用される受験生は、以下の要領で手続きをしてください。

対象者

「高等教育の修学支援新制度」に申請した2022年度入学試験志願者

手続方法・申請書類

出願時に以下のA、Bのいずれかの方法で手続きをお願いします。

  A:採用候補者として決定する前に出願する場合

    本学様式の申請証明書(給付奨学金申請証明書)を出身校で作成してもらい、出願書類とともにお送りください。

  B:採用候補者として決定した後に出願する場合

    日本学生支援機構様式「大学等奨学生採用候補者決定通知【進学先提出用】」の、オモテ面のコピーを出願書類とともにお送りください。

なお、その後の詳しい手続きについては、願書受付後、改めてご案内いたします。

ご不明な点は入試課までお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-874044