気象警報及び公共交通機関の運休に伴う授業の取扱い

気象警報及び公共交通機関の運休に伴う授業の取扱い

気象警報及び公共交通機関の運休に伴う授業の取扱い

① 「台風等による気象警報」

台風等で愛媛県松山市に「特別警報」「暴風警報」及び「暴風雪警報」が発令されている場合の授業の取扱いは下表のとおりです。なお、原則として電話での問い合わせには応じませんので本学ホームページで確認してください。

確認方法

➁「公共交通機関の運休」

地震、積雪などの自然災害、交通ストライキ等により、定期運行している伊予鉄道及びJR四国(松山駅発着の列車)が全て運休している場合の授業の取扱いは下表のとおりです。

確認方法及び注意事項

  • 伊予鉄道、JR四国のホームページ及びニュース等にて確認してください。
  • 授業等に支障があると予測される場合は休講等を決定し、本学ホームページに掲載します。
  • 伊予鉄道及びJR四国(松山駅発着の列車)のどちらかが運休している場合、他の公共交通機関が利用できない地域で通学が不可能と認められた場合に限り「公欠席」扱いとします。この場合、公共交通機関の発行する「運休証明書」が必要です。

※授業の休講について

午前7時現在で、上記①又は②に該当する場合 1、2時限の授業を休講とする
午前11時現在で、上記①又は②に該当する場合 3、4、5時限の授業を休講とする

③「学外実習等」に関する対応について

学外実習等において、実習先、もしくは学生の居住市町村に「特別警報」「暴風警報」及び「暴風雪警報」が発令されている時、実習参加の取扱いは以下のとおりです。

午前7時現在で、上記の警報が発令されている場合、一日学外実習等を中止する。
ただし、実習先の警報発令等の取扱い基準がある場合は準拠する。
なお、宿泊を伴う実習については、この基準に準じない。