食物栄養学科

カリキュラム

カリキュラム

栄養士になるための
6つの学び
1年次2年次
人体の構造と機能栄養
ゼミナール
Ⅰ・Ⅱ
・解剖学
・生理学
・生化学
・臨床生理生化学
・生理生化学実験
【2年間の
総まとめ】
・栄養士実力養成演習
・アレルギーと食育
・高齢者の食と栄養
・病理学
・スポーツ栄養
【国家資格】
栄養士
食品と衛生・食品学総論
・食品学各論
・食品学各論実験
・食品衛生学
・食品衛生学実験
・食品学総論実験
栄養と健康・基礎栄養学
・臨床栄養学
・応用栄養学
・臨床栄養管理
・臨床栄養学実習
・栄養学実習
栄養の指導・栄養教育論Ⅰ
・栄養教育論実習Ⅰ
・栄養教育論Ⅱ
・栄養教育論実習Ⅱ
・公衆栄養学
社会生活と健康・社会福祉概論
・公衆衛生学
給食の運営・調理学実習Ⅰ・Ⅱ
・調理学
・食べ物と調理
・給食計画・実務論
・給食計画実務実習
・給食管理実習Ⅰ
・給食管理実習Ⅱ
(郊外実習)

 

開講科目PICK UP

  • 栄養ゼミナールⅠ・Ⅱ

    栄養ゼミナールⅠ・Ⅱ

    少人数で基礎の基礎から学びます。
  • 栄養士の「校外実習」

    栄養士の「校外実習」

    病院や企業、福祉施設、学校などの給食の現場に出向き、給食の運営や栄養教育に必要な知識や技術を学びます。実習後には成果の発表会を行います。
  • 栄養教育論実習Ⅱ

    栄養教育論実習Ⅱ

    ライフステージ別、疾患別に栄養教育をおこなうために、対象者に合った教材(媒体)作成をおこないます。
  • 調理学実習Ⅰ

    調理学実習Ⅰ

    いろいろな食材を使って、調理での適正な分量、調味、調理方法、盛り付けなどを学びます。
  • 生理生化学実験

    生理生化学実験

    栄養素の消化吸収、代謝などの実験を通して生体のしくみを学びます。