学科のご紹介

松山東雲短期大学 食物栄養学科

INFORMATION 新着情報

健康社会を育むスペシャリスト「栄養士+栄養教諭!」

有能な栄養士・栄養教諭を育成すること。それが食物栄養学科の目的です。「食べ物、栄養、健康」を科学する幅広い専門知識と優れた技能と品格を兼ね備えた人材の育成に力を注いでいます。
食物栄養学科は,厚生労働省の認可を受けた有能な「栄養士」の育成と同時に、文部科学省の認可を受け「栄養教諭」の養成も行っている学科です。

病院、福祉施設、学校、行政。様々な分野で有能な栄養士が求められています。

「栄養士」とは、「栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者(「栄養士法」)のこと。栄養士は、病院・高齢者や保育所などの福祉施設・学校・行政さらに企業の研究員等幅広い活躍の場があります。「栄養教諭」とは、栄養士であるとともに学校教育の中で子どもたちに、食生活全般の正しい知識や健全な食習慣を培う指導をする教員(「教育職員免許法」)のこと。
社会における「生涯を通じた健康づくり」を総合的に行うために中心的な役割を担う栄養士・栄養教諭が期待されています。

人々の心とカラダを元気にする食についての“理論”を学ぶ

食物栄養学科では、どのような業種にも対応できる幅広い知識・能力を育成するための教育課程を組み立てています。栄養士では、「社会生活と健康、人体の構造と機能、食品と衛生、栄養と健康、栄養の指導、給食の運営」などを柱に授業科目があります。栄養教諭では、栄養に係わる科目や教職に関する科目が加わります。講義で学んだ理論を実験実習を通して体系的に学べるようになっています。

“現場”のプロの栄養士から直接学べる、校外実習!

2年次には、1週間の校外実習や栄養教育実習があります。栄養士の校外実習では、病院や企業、福祉施設、学校などの給食の現場に出向き、直接、給食作りや栄養指導に必要な知識や技術を学びます。栄養教諭課程の栄養教育実習でも小学校や中学校で児童・生徒への食育の指導などを体験しながら学び指導力を身につける事ができます。食物栄養学科での学びの中で、これらの必要な知識と技能を一つ一つ地道に積み上げ、関連づけ意欲的に修得し、加えて、人びとから信頼される幅広い人間性と教養をも備えた、栄養士と栄養教諭として総合的な健康づくりのスペシャリストに育っていきます。

  • 校外実習
  • 校外実習
  • 校外実習

学びの特徴

履修モデルと付加資格

食物栄養学科で開講されている選択科目や、「栄養教諭」の取得プログラムを履修することで、栄養士資格に加えて「栄養教諭二種免許」を取得できます。

栄養士資格取得必須科目

選択科目
●食べ物と栄養
●情報処理演習
●スポーツ栄養学
●病理学 ほか
資格
栄養士

(モデル1)

教職選択科目
●学校栄養教育
●教師論
●教育心理学
●教育社会学

●教育課程論
●教育方法論
●生徒指導

●道徳・特別活動法
●学校カウンセリング
●教職実践演習

●栄養教育実習
資格
栄養士
栄養教諭

(モデル2)

取得できる資格

食から社会の健康を担う人材へ

< 主な資格取得・サポート >
  • ●栄養士免許
    ●栄養教諭二種免許
  • ●食品衛生責任者
    ●社会福祉主事任用資格
< 主な将来の進路 >

●栄養士(医療機関、福祉施設、教育機関、行政機関、一般企業など)
●栄養教諭(小学校、中学校) ●管理栄養士養成課程のある大学への編入学 など

先輩の声

在学生

笹野 羽奏さん
愛媛県との連携事業を通して健康を支える食の役割を実感できました

20~30歳代の朝食欠食率が高い現状の改善を目的に、愛媛県と連携して「愛顔のE-IYOプロジェクト」で朝食のレシピを開発しました。県産食材の使用という条件があったため、まずは食材について勉強し、レシピも調理が簡単であると同時に見た目や栄養価などについても配慮しました。学内意見交換でさまざまなアドバイスをもらい自分の視野を広げることができたと感じています。

卒業生

井上 萌恵さん

北条愛児園に勤務

家族の病気をきっかけに気づいた「食」の大切さ

糖尿病を患う祖母が食事制限で落ち込む姿を見て、食に関心を持ちました。現在の仕事では、午前中は給食作り、午後からはおやつの準備や片付け、事務仕事をおこなっています。自分の作った給食を笑顔で食べてくれる人がいることが何よりもうれしいです。

PICK UP おすすめコンテンツ