学科のご紹介

松山東雲短期大学 食物栄養学科

INFORMATION 新着情報

教育目的

食と健康に関する専門知識と確かな技術を習得し、食の分野から人々の健康実現をサポートする栄養士を養成する。

健康社会を育むスペシャリスト「栄養士!」

厚生労働省の認可を受けた有能な栄養士を育成すること。それが食物栄養学科の目的です。「食べ物、栄養、健康」を科学する幅広い専門知識と優れた技能と品格を兼ね備えた人材の育成に力を注いでいます。

病院、福祉施設、学校、行政。様々な分野で有能な栄養士が求められています。

「栄養士」とは、「栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者(「栄養士法」)のこと。栄養士は、病院・高齢者や保育所などの福祉施設・学校・行政さらに企業の研究員等幅広い活躍の場があります。
社会における「生涯を通じた健康づくり」を総合的に行うために中心的な役割を担う栄養士が期待されています。

人々の心とカラダを元気にする食についての“理論”を学ぶ

食物栄養学科では、どのような業種にも対応できる幅広い知識・能力を育成するための教育課程を組み立てています。栄養士では、「社会生活と健康、人体の構造と機能、食品と衛生、栄養と健康、栄養の指導、給食の運営」などを柱に授業科目があります。講義で学んだ理論を実験実習を通して体系的に学べるようになっています。

“現場”のプロの栄養士から直接学べる、校外実習!

2年次には、1週間の校外実習や栄養教育実習があります。栄養士の校外実習では、病院や企業、福祉施設、学校などの給食の現場に出向き、直接、給食作りや栄養指導に必要な知識や技術を学びます。食物栄養学科での学びの中で、これらの必要な知識と技能を一つ一つ地道に積み上げ、関連づけ意欲的に修得し、加えて、人びとから信頼される幅広い人間性と教養をも備えた、栄養士として総合的な健康づくりのスペシャリストに育っていきます。

  • 校外実習
  • 校外実習
  • 校外実習

学びの特徴

Point1 国家資格に直結する履修科目

食物栄養学科で開講されている科目を履修することで、卒業と同時に栄養士免許を取得できます。

Point2 栄養士になるための6つの学び

「人体の構造と機能」「食品と衛生」「栄養と健康」「栄養の指導」「給食の運営」「社会生活と健康」の6分野にわたる幅広い学びで、栄養士に求められる高い資質・能力を養います。

Point3 地域や企業とのコラボレーション

愛媛県との協働事業をはじめ、生協・スーパーとの商品開発、ふれあい食堂での調理補助、学校給食のメニュー開発など、地域と連携した授業や各種プロジェクトに参画して実践力を高めます。

取得できる資格

食から社会の健康を担う人材へ

< 主な資格取得・サポート >
  • ●栄養士免許
    ●食品衛生責任者
  • ●社会福祉主事任用資格
< 主な将来の進路 >

●栄養士(医療機関、福祉施設、教育機関、行政機関、一般企業など)
●管理栄養士養成課程のある大学への編入学 など

先輩の声

卒業生

近森 楓華さん

松山市学校給食センターに勤務

給食を通じて子どもたちの
健やかな成長に貢献したい

栄養士の資格を生かし、松山市の学校給食施設で主にアレルギー食の調理を担当しています。社会人になった今、学校給食を想定して実際に食材の検収や大量調理をおこなう給食管理実習で得た知識と経験は、日々の業務に欠かせないものとなっています。

卒業生

井上 萌恵さん

北条愛児園に勤務

家族の病気をきっかけに気づいた「食」の大切さ

糖尿病を患う祖母が食事制限で落ち込む姿を見て、食に関心を持ちました。現在の仕事では、午前中は給食作り、午後からはおやつの準備や片付け、事務仕事をおこなっています。自分の作った給食を笑顔で食べてくれる人がいることが何よりもうれしいです。

PICK UP おすすめコンテンツ