学科・専攻のご紹介

松山東雲女子大学 心理子ども学科 子ども専攻

INFORMATION 新着情報

子ども専攻は、子どもの育ちと教育・福祉の諸課題に対する深い理解と対人関係能力を培い、 複雑、高度化する子育て支援ニーズに応えることのできる高度な専門性を備えた保育者を育成することを目的とします。

人を育てる こころを育てる 私が育つ みんなが育つ

私たちを取り巻く社会状況が大きく変わる中で、きわめて大きな課題として注目されているのが、子どもの育ちと、現代人が抱えるこころの問題です。
「子どもの健やかな育ちを支えたい。」 「家族と地域の子育てを支援したい。」 「人のさまざまなストレスや悩みを抱える現代人のこころを理解し、支えたい。」

このような今日的な課題や社会的要請に応えるためには、『人間』や『社会』についての専門的な知識と、実践で学んだ力に基づく以下の3つのスキルが必要です。

第1に、現実を深くかつ、そして広く総合的な理解力
第2に、痛みや苦しみ、喜びを心で感じる豊かな感性

第3に、人と積極的に関わり、自ら発信し、行動していく実行力

子どものこころのわかる人になる。
保育士や幼稚園の先生、ソーシャルワーカーとしての実践力を身につける。

親や家族、また地域社会の子育て支援を担う。

「心と子ども」「保育内容・方法」「子どもと社会」などを学び、 さらに教育、保育、社会福祉などの現場での体験を通して実践力を身につけ、 幼児教育のエキスパートである「幼稚園教諭一種免許状」、 乳児・幼児保育と子育て支援を担う「保育士」、 また「社会福祉士(国家試験受験資格)」などの資格を取ることができます。

卒業後は、保育所、幼稚園だけなく、虐待などの理由で親と暮らせなくなった子どもたちの親代わりとなって支える児童養護施設や児童相談所、また長く辛い闘病生活をおくる子どもたちを支える小児病棟での病棟保育士、こころと身体にハンディキャップを背負って生まれた子どもや大人を支援している障害児・者の入所・通所施設などさまざま形で、学んだことを活かせる就職先があり、大きく社会に貢献することができます。また、専門知識や人間的な力を活かして、子どもや福祉などに関係する企業、行政などで、 幅広く活躍することができます。

学びの特徴

保育の内容と方法を学ぶ

子どもの育ちについての正しい知識をもち、適切な保育の方法を身につけるのはとても大切なことです。保育学、教育学、社会福祉学などの専門領域から、幼児教育者として必要な知識や技術を学び、現場での学びを通して実践力を身につけます。

子どもの健やかな育ちを考える

本専攻がめざすのは、のびやかな心、すなおな感性、人を思いやる気持ちを大切にする保育です。特に子どものくらしの中心である「遊び」に注目し、遊びの考察を通して子どもへの理解を深め、保育の方法を探求しています。

子どもと子育てを支えるネットワーク

子どもの心の特徴、心身の発達と課題について、心理学を通して理解を深めます。また、現代社会における子育ての課題、家族や地域の連携のあり方を学びます。

あたまも、からだも学ぶ

幼稚園、保育所、児童養護施設などでのさまざまな実習を通して、 子どもと、保護者とかかわる力を身につけていきます。 また、同じキャンパス内には、松山東雲学園附属幼稚園や 地域の子育て支援広場「たんぽぽ」があり、 実習やボランティア体験をするなど、 0歳から就学前の子どもたちと触れ合う機会を多くつくっています。

  • 松山東雲学園附属幼稚園

  • 子育て支援広場「たんぽぽ」

取得できる資格

子どもを見る確かな目と保育実践への理解を備えた人材を

< 主な資格取得・サポート >
  • ●幼稚園教諭一種免許状
    ●保育士資格
    ●社会福祉士国家試験受験資格
  • ●社会福祉主事任用資格
    ●レクリエーション・インストラクター
< 主な将来の進路 >

●保育教諭(認定こども園) ●幼稚園教諭
●保育士(保育所、児童養護施設、児童相談所、病棟保育士、障害児・者の入所・通所施設など)
●その他、「子ども」や「福祉」に関連する企業、公務員 など

先輩の声

在学生

山内 彩愛さん
虐待を受けた子どもたちを支援する社会福祉士になりたいです

1年次に、虐待が増加していることには、若年結婚・出産・経済的理由などが背景にあると学び、子どもの支援・保護について興味を持ちました。2年次の施設実習では、家族再統合に向けた支援などについて専門職員の方から指導を受けました。
現在は、被虐待児の支援機関や施設にはどのようなものがあるか、虐待から生じる問題の解決策や課題などを、事例を通して学んでいます。今後は保護者の支援について、自分のできることを考えながら実践につなげていきたいです。また、保育士と各種支援機関の連携について、現場での見聞を広げていきたいと考えています。

卒業生

古川 美佐さん

松山市職員として勤務

先生、同級生、サークルの先輩…人とのつながりが宝物です

就職を意識したのは4回生から。松山市の試験では一般教養試験と集団討論、集団面接があるため、キャリア支援課がおこなっている模試に参加し、先生方やサークルの先輩からアドバイスを受けつつ何度も対策をおこないました。苦手なピアノは1対1で教えていただき、人前で伴奏することへの自信がつきました。

PICK UP おすすめコンテンツ