新着情報

子ども専攻:熱く心の燃えた、ムーンライト・オープンキャンパス!

2019.08.09

8月2日のムーンライト・オープンキャンパス、1時間目は柴崎あい先生が、「ボランティアがつくる未来」と題して、2018年の豪雨災害のボランティに学生たちが参加したことや現地の様子など写真での紹介や説明がありました。現場に行かなければわからない、とてもリアルなお話で、人間の温かな心を知り、自分にできることを考えた、心の熱くなる時間でした。
2時間目は、西村浩子先生と4年生の学生2名が「子育てママのことを知ろう」と題して、
「子育て家庭訪問インターンシップ」に2年連続で参加した4年生の発表とグループワークがありました。グループワークでは、4年生が司会をして高校生が自分の将来についてのイメージを言い合ったり、お母様方は娘にどんな人生を歩んでもらいたいかを話し合って発表したりしました。初対面同士なのに、これまた熱いトークが展開されました。
●高校生の感想:グループワークがとても楽しかった。
“しののめ”で勉強したいと思った。
友達ができたので嬉しかった。
●保護者の感想:家でも娘といろいろなことを話してみたいと思いました。
元気でしっかりした4年生を見て、娘をこの大学に入れたいと思いました。

●4年生の声:
Nさん「高校生にこれからどうしていきたいのか、どのようになりたいのかを聞けてとてもいい時間になりました。グループワークでは自分の考えを伝え、他の人の意見をしっかりと聞き、活発な意見交換ができていました。これからのことについて考えることは難しいですが、今日が来てくれた高校生にとってより良い選択のできるきっかけになれば嬉しいです。保護者の方も御協力いただきありがとうございました。」
Sさん「高校生が私たちが投げかけた問いに対して一生懸命考えてくれたので嬉しかったです。
高校生や保護者の方の感想の中で考えるきっかけになったという言葉や子育てをする前に聞きたかったなどありがたいお言葉をいただけたので嬉しかったです。」

新着情報一覧へ

PICK UP おすすめコンテンツ