新着情報

食物栄養学科 2年生“しののめベジガール”の取り組みが愛媛新聞(2018年10月11日付)に掲載されました!

2018.10.17

2018年11月11日に四国の地域課題の解決に知恵を絞る「四国活性化プロジェクト2018」(愛媛新聞など四国の4新聞社が主催、四国4県共催)が徳島市で開かれます。2018年度は「健康」がテーマです。このイベントに先立ち、四国各県の健康課題とユニークな生活習慣病予防の取り組みが10月11日付の愛媛新聞で紹介されました。

愛媛県は、健康増進に向けたユニークな取り組みとして、松山東雲短期大学食物栄養学科2年生しののめベジガールの愛媛県連携事業「愛媛のE-IYOプロジェクト」におけるスムージー開発、朝食・野菜摂取の啓発活動を大きく取り上げていただきました。

掲載後は、各方面から反響がありました。愛媛県民の朝食・野菜摂取向上に向けた活動に拡がりが期待され、うれしい限りです。学生たちの活動にもさらに弾みがつきます。

 

↓「若い力 スムージー開発」しののめベジガールの取り組み

 

新着情報一覧へ

PICK UP おすすめコンテンツ